PIMCOの視点

5つのグラフでみる今日のクレジット市場での投資機会

現在の低利回りの環境のなかで、投資家の目標達成のためにクレジット市場が果たせる役割とは?5つの投資アイデアをご紹介します

新型コロナウイルスによる世界的なパンデミック(世界的流行)は、人類にとっての悲劇であるばかりでなく、既存の構造上の変化を加速させ、私たちの生活の仕方や私たちが住む世界に、新たな混乱を引き起こしました。それらのマクロ的な変化は勝者と敗者を生み、セクター、格付け、そして地域の違いにより投資リターンの格差が生まれ、アクティブ投資家に潜在的な価値をもたらしています。クレジット市場の投資機会について、5つのアイデアについてグラフを使ってご説明します。

1.利回りの追求

パンデミックに立ち向かうため、金融政策はかつてない規模と範囲に及んでいます。景気刺激を見込んだ利下げにより世界の債券利回りは低下し、2020年11月末現在で、全世界の25%以上の債券がマイナス利回りとなっています。プラスの利回りを求める投資家は、インカムニーズを満たすためにはよりリスクをとり、クレジット市場に目を向ける必要があるかもしれないことを意味しています。実際、2020年はクレジット投資のミューチュアルファンドに大きな資金が流入しました。

グラフ1:利回り追求によるクレジット資産の需要加速の可能性

利回り追求によるクレジット資産需要加速の可能性

2.魅力的なアジア・クレジット市場

中国は最初に新型コロナに見舞われた国であり、また最初に回復した国でもあります。PIMCOでは、2021年末までに、中国のGDPは2019年の水準をほぼ15%上回ると予想しています。一方それとは対照的に、米国のGDPは、パンデミック前の水準にかろうじて回復するにとどまるとみられます。また同時に、今年のドル安の見通しに加え、「低金利が長期化する(lower-for-longer)」環境の中において、アジア・エマージング諸国のクレジット市場への資金流入は継続すると予想しています。加えて、アジア・クレジット市場のバリュエーションも魅力的な水準といえるでしょう。下のグラフの通り、米国に比べてアジア市場のスプレッドのプレミアムは、ここ3年来での最大水準に近くなっています。

グラフ2:スプレッドプレミアム アジア・クレジット市場 vs 米国クレジット市場

アジア・クレジット市場のスプレッドの米国クレジット市場に対するプレミアム

3.社債のリカバリー・トレード

セクターごとにパンデミックの影響はさまざまです。例えばハイテク業界は、私たちの働き方や消費の仕方が一層デジタルになったことで値上がりする一方、ホテルやレストランなどの接客サービス産業や旅行業界はロックダウンにより深刻な打撃を受けました。昨年3月に極端な拡大が見られたクレジット・スプレッドの水準は、大幅な財政政策および金融政策による介入によって鎮静化してきましたが、特に景気後退によって最も大きな打撃を受けたセクターは、依然としてパンデミック前の水準には戻っていません。現在、ワクチンの接種が始まり、景気回復の継続が予想されるなかで、これらの大打撃を受けたセクターは、豊富な流動性を抱える強い耐性を持った発行体を中心に、スプレッド縮小によるアウトパフォームが期待され、さらなる上値を提供する可能性があります。

グラフ3:2020年は新型コロナの影響を受けたセクターがディフェンシブなセクターを概ねアンダーパフォーム

2020年は新型コロナの影響を受けたセクターがディフェンシブなセクターを概ねアンダーパフォーム

4.ライジング・スター:短期的に格下げよりも格上げが期待できる銘柄の増加

昨年の景気後退により、(フォーリン・エンジェルと呼ばれる)投資適格からハイイールドへの格下げ銘柄が増加し、その数は世界の原油価格が急落した2015~2016年の水準に達しました。これは、格付け会社が格下げウォッチとした最も低い投資適格格付け(BBBとBBB-)の債務が、格上げが検討される最も高いハイイールドの格付け(BBとBB+)よりもはるかに多いことも意味しています。しかし、最近この状況が反転しました。景気回復を期待してこの13年間で初めて、短期的に格上げが期待されるハイイールド債(ライジング・スターとして知られる)のほうが、格下げするとみられる投資適格債より多くなっていることが、下のグラフからわかります。

グラフ4:格下げよりも格上げが多い?

格下げよりも格上げが多い?

5.デフォルトは低下傾向:最悪期を脱出した可能性

世界的なロックダウンと原油価格の急落による収益低下が、相対的に脆弱な米国ハイイールド市場の企業を直撃し、米国ハイイールド債のデフォルトは昨年4月と5月に急上昇しました。しかし、その後、デフォルト額は次第に低下しています。依然として長期的な平均よりも高い水準にとどまっていますが、景気回復が続けばデフォルト額の低下も継続する見込みで、アクティブ運用と銘柄選択の重要性は高まっています。

グラフ5:デフォルト:暗闇に射す光明

デフォルト:暗闇に射す光明

(2020年12月23日発行)

関連コンテンツ

ご留意事項

過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。

全ての投資にはリスクが伴い、価値は下落する場合があります。債券市場への投資は市場、金利、発行体、信用、インフレ、流動性などに関するリスクを伴うことがあります。ほぼ全ての債券及び債券戦略の価値は金利変動の影響を受けます。デュレーションの長い債券及び債券戦略は、より短い債券及び債券戦略と比べて金利感応度と価格変動性が高い傾向にあります。一般に債券価格は金利が上昇すると下落します。低金利環境ではリスクが高まります。債券取引におけるカウンターパーティーの取引能力の低下が市場流動性の低下や価格変動制の上昇をもたらす可能性があります。債券への投資では換金時に当初元本を上回ることも下回ることもあります。外貨建てあるいは外国籍の証券への投資には投資対象国の通貨価値の変動や経済及び政治情勢に起因するリスクを伴うことがあり、新興成長市場への投資ではかかるリスクが増大することがあります。高利回りで低格付けの証券はより高格付けの証券よりも高いリスクを伴います。また、それらへ投資しているポートフォリオは投資していないポートフォリオに比べてより高いクレジット・リスクと流動性リスクを伴う場合があります。

特定の証券や種類の証券の信用格付により、ポートフォリオ全体の安定性や安全性が確保されるわけではありません。個別の銘柄、および発行体の信用格付はそれらの信用度を示すため付与されており、一般的には、信用格付会社スタンダード・アンド・プアーズ、ムーディーズ、フィッチそれぞれ、最高格付のAAA、Aaa、AAAから最低格付D、C、Dまでの幅があります。

金融市場動向やポートフォリオ戦略に関する説明は現在の市場環境に基づくものであり、市場環境は変化します。本資料で言及した投資戦略が、あらゆる市場環境においても有効である、またはあらゆる投資家に相応しいという保証はありません。投資家は、自らの長期的な投資能力、特に市場が悪化した局面における投資能力を評価する必要があります。投資判断にあたっては、必要に応じて投資の専門家にご相談ください。

見通しおよび戦略は予告なしに変更される場合があります。

ピムコジャパンリミテッドが提供する投資信託商品やサービスは、日本の居住者であり、かつ法律による制約のない方に対して提供するものであり、かかる商品やサービスが許可されていない国・地域の方に提供するものではありません。運用を行う資産の評価額は、組入有価証券等の価格、デリバティブ取引等の価値、金融市場の相場や金利等の変動、及び組入有価証券の発行体の財務状況や信用力等の影響を受けて変動します。また、外貨建資産に投資する場合は為替変動による影響も受けます。したがって投資元本や一定の運用成果が保証されているものではなく、損失をこうむることがあります。運用によって生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。弊社が行う金融商品取引業に関してお客様にご負担頂く手数料等には、弊社に対する報酬及び有価証券等の売買手数料や保管費用等の諸費用がありますが、それらの報酬及び諸費用の種類ごと及び合計の金額・上限額・計算方法は、投資戦略や運用の状況、期間、残高等により異なるため表示することができません。本資料には、本資料作成時点でのPIMCOの見解が含まれていますが、その見解は予告なしに変更される場合があります。本資料は情報提供を目的として配布されるものであり、投資助言や特定の証券、戦略、もしくは投資商品の推奨を目的としたものではありません。インデックスに直接投資することはできません。本資料に記載されている情報は、信頼に足ると判断した情報源から得たものですが、その信頼性について保証するものではありません。本資料の一部、もしくは全部を書面による許可なくして転載、引用することを禁じます。 PIMCOは、アリアンツ・アセット・マネジメント・オブ・アメリカ・エル・ピーの米国およびその他の国における商標です。©2020, PIMCO. (注)PIMCOはパシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシーを意味し、その関係会社を含むグループ総称として用いられることがあります。 ピムコジャパンリミテッド 金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第382号 加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会

A Phased Market Recovery as Liquidity and Fundamentals Return
XDismiss Next Article