PIMCOの視点

インパクト投資:経済・金融の次の進化を想像する

インパクト投資の根底には、長期的に健全な社会と健全な市場は両立できるという基本理念があります。

年10月、世界的な自然保護団体の世界自然保護基金(WWF)が、画期的なレポートを発表しました。同レポートは、資産運用業界で必読の書にすべきと筆者は考えます。「生きている地球レポート2018 より高い目標をめざして」と題されたレポートは、世界的な傾向を表す徹底した実証的証拠と分析に基づき、私達が真の意味で、市場、経済、社会の隅々に影響を与える歴史的な変革の瀬戸際にいる、という点を信頼できる形で示しています。そして、この変革は良いものではありません。

同レポートの最大の主張は、爆発的な人間の消費活動と、それに伴うエネルギー、土地、水など資源への需要の拡大が、地球の健全なシステムを越えて限界に達しつつある、ということです。「不安定な気候や、水産資源の枯渇した海、劣化した土地、森林の乱伐などで、私たちを支えている生命の輪、生物多様性が損なわれれば、人類の未来もまた、健康かつ幸せで豊かなものになるはずがない」と述べ、「自然の資本」とその恩恵の経済活動への価値は年間で1京4,000兆円(約125兆ドル)にのぼると推計しています。

同レポートの最大の焦点は環境問題ですが、主な社会・経済的な攪乱要因も取り上げ、多くの社会でみられる富や資源の偏在といった不平等を、政治的・社会的混乱や緊張と関係づけています。こうした攪乱要因が、経済に重大な影響を及ぼす可能性があります。ファイナンシャル・タイムズ紙 は同レポートに関する有力な社説を発表し、マクロ経済の動向、各産業、金融市場との相関性は非常に説得力がありました。

では、これがインパクト投資の推進とどう関係するのでしょうか?一言でいえば、 すべてに関係します。

インパクト投資:人間の活動が及ぼす影響への世界的な取り組み

インパクト投資は、現在も進化を続けていますが、本質的には投資に対する考え方が根本的に変化したことを示し、経済や市場に恩恵をもたらし、人類史を変える変化を起こす可能性を秘めています。インパクト投資では、人間の活動が、多くの体制において経済、社会、環境に有害な影響を及ぼしているとの認識に基づき、金融収益をプラスの影響力と結びつけて、少なくとも人間や地球環境に害をもたらさず、できうれば有意義かつ計測可能な恩恵をもたらすこと--有害な影響力を抑制し、さらには逆転させることを目指しています。これは金融的な裏付けを持つと同時に倫理的な動機に基づく目標であり、その根底には、長期的に、あるいは超長期には、意思さえあれば健全な社会と健全な市場は両立できるという基本理念があります。

インパクト投資は、世界の資産運用業界の明確な哲学になる必要があります。つまり、インパクト投資が増え、将来のどこかの段階で、リスク志向が強い現在のESG(環境・社会・ガバナンス)投資の動きに取って代わり、その過程で、真の意味で万人に恩恵をもたらす形に金融と社会の足並みを揃える必要があると言えます。

現在の世界の市場で提供されているESG戦略の規模ですら、投資資産クラスを網羅しているわけではないことを考えると、これにはある程度の時間と労力が必要でしょう。多くの企業では、いまだにESGが孤立していて、よくわからない分野、悪くすれば風変わりな分野とみられています。ESGは環境・社会・ガバナンスの主要なリスクの管理を重視しており、リスク調整後のリターンの提供に加え、社会的な好影響をもたらす活動の支援を意図したものであり、したがってESGは、多くの点でインパクト投資の原則を受け入れています。何と言っても、ESG投資は、世界の持続可能な開発への障害を取り除き、重要な変化を促進するのに役立つのです。インパクト投資は、主要な投資目標として社会的にプラスとなる成果を掲げることで、重点をさらに移すものだと言えます。

インパクト投資は、社会、経済、市場にとって明るい未来をつくる手助けができますが、そこに至る道のりはまだまだ遠いのが実情です。RBCグローバル・アセット・マネジメントによる最近の調査よると、今後1年から5年の間にインパクト投資へのアロケーションを予定している機関投資家は29%であり、これは2017年の20%から上昇しています。ということは、大半はいまだにインパクト投資に本腰を入れていないことになります。

インパクト投資を推進するために、どうすればいいのでしょうか?

第1に、イノベーションを進め、インパクト投資に固有の収益機会を認識し、目標とする新たな戦略を立案する必要があります。インパクト投資は、成果を生むことができ、現に成果を出しています。たとえば多国間開発銀行による民間セクターへの投資の中身と収支をみると、社会や環境の観点で大きな影響をもたらす収益事業や資産として、長い実績があることがわかります。

大きな機会が存在するもう一つの分野が、いわゆる持続可能な(サステイナブル)債券に関連する分野です。グリーンボンド、ソーシャルボンド、SDGボンド(詳細は国連の持続可能開発目標セクションに記述)などの名称で呼ばれる領域です。PIMCOは、急速に市場が拡大するグリーンボンドを強化していますが、健康、ジェンダー、教育、広い意味でのインフラに関連した主要な社会的課題に取り組む社債や国債の新規発行にあたり、大きな公約を掲げる例が見受けられます。

第2に、国連の持続可能な開発目標(UNSDGs)とインパクト投資の包括的な枠組みを、完全に受け入れる必要があります。私は元国連職員だからこそお伝えすることができますが、SDGsと関連する目標は、各分野で世界をリードする専門家、政治家、産業界、一般社会のリーダーを結集し、徹底的な協議と情報を共有する世界的なプロセスを経て、苦労して練り上げられたものです。

SDGsが掲げる社会経済上、環境上の17の目標は、投資家への贈り物と受け止め、インパクト投資戦略を方向づけ、計測する世界的な枠組みとして活用すべきだと言えるでしょう。

第3に、重大な岐路を迎えている今、専門家が自らの領域に閉じこもる壁を壊し、かつてないほど協力を進める必要があります。国連は、民間セクターや民間資金を巻き込むという重要な仕事をしていますが、私達が協力してなすべきこと--この過程ですべての関係者に利益をもたらす、ということを認識しておくべきです。新たなパートナーシップや共同作業を通じて、政治家、産業界、金融業界のリーダー、一般市民の代表が協力していくことが必要です。SDGsは共通の言語を、インパクト投資は共通の戦略を提供してくれます。

「生きている地球レポート」は結論として、現代社会を支えている自然システムが消失しつつある中で、このトレンドを反転させる貴重な機会への窓が開かれており、「政府、産業界、金融業界、研究機関、市民社会、個人に至るまで全員が役割を担っている」と指摘しています。

ESG投資、インパクト投資に関するレポートをはじめとする最新のPIMCOの視点をお送りします。レポートの配信登録はこちら

レポートの配信登録
著者

Gavin Power

国際問題および持続可能な開発担当責任者

プロフィールを見る

Latest Insights

関連コンテンツ

ご留意事項

全ての投資にはリスクが伴い、価値は下落する場合があります。株式投資は、実際の市場、経済、産業の一般的な条件および、それらに対する認識によって価値が低下する場合があり、債券投資は信用、金利、その他のリスクを伴います。社会的責任投資は、定性的で主観的な性質上、活用する基準や行使する判断が、特定の投資家の見解や価値を反映することを保証するものではありません。責任ある行動についての情報は、自発的な発表や第三者による報告から得たものであり、正確性や完全性を欠いている可能性がありますが、PIMCOはこうした情報に基づいて、企業の責任ある行動へのコミットメントや執行を評価しています。社会的責任の規範は、地域によって異なります。社会的責任投資の投資戦略や手法の成功が保証されているわけではありません。過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。


金融市場動向やポートフォリオ戦略に関する説明は現在の市場環境に基づくものであり、市場環境は変化します。本資料で言及した投資戦略が、あらゆる市場環境においても有効である、またはあらゆる投資家に適するという保証はありません。投資家は、自らの長期的な投資能力、特に市場が悪化した局面における投資能力を評価する必要があります。見通しおよび戦略は予告なしに変更される場合があります。投資判断にあたっては、必要に応じて投資の専門家にご相談ください。


 ピムコジャパンリミテッドが提供する投資信託商品やサービスは、日本の居住者であり、かつ法律による制約のない方に対して提供するものであり、かかる商品やサービスが許可されていない国・地域の方に提供するものではありません。 運用を行う資産の評価額は、組入有価証券等の価格、デリバティブ取引等の価値、金融市場の相場や金利等の変動、及び組入有価証券の発行体の財務状況や信用力等の影響を受けて変動します。また、外貨建資産に投資する場合は為替変動による影響も受けます。したがって投資元本や一定の運用成果が保証されているものではなく、損失をこうむることがあります。運用によって生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。弊社が行う金融商品取引業に関してお客様にご負担頂く手数料等には、弊社に対する報酬及び有価証券等の売買手数料や保管費用等の諸費用がありますが、それらの報酬及び諸費用の種類ごと及び合計の金額・上限額・計算方法は、投資戦略や運用の状況、期間、残高等により異なるため表示することができません。


本資料には、本資料作成時点でのPIMCOの見解が含まれていますが、その見解は予告なしに変更される場合があります。本資料は情報提供を目的として配布されるものであり、投資助言や特定の証券、戦略、もしくは投資商品の推奨を目的としたものではありません。本資料に記載されている情報は、信頼に足ると判断した情報源から得たものですが、その信頼性について保証するものではありません。本資料の一部、もしくは全部を書面による許可なくして転載、引用することを禁じます。本資料の著作権はPIMCOに帰属します。