まざまな投資目的を達成するために、投資家はインカム型のソリューションをますます求めるようになっています。運用が開始以来ほぼ10年を迎えるインカム戦略のポートフォリオ・マネージャーのダニエル・アイバシンとアルフレッド・ムラタが、本戦略のアプローチと低金利環境下で投資機会を見出す方法についてご説明いたします。

問: インカム投資に対するアプローチはさまざまです。PIMCOインカム戦略を運用する際の基本方針を教えてください。
アルフレッド・ムラタ: PIMCOインカム戦略では、魅力的で安定的なインカムの獲得と、ポートフォリオの資産価値の安定という2つの目標を掲げていまが、この2つの目標の達成には、ポートフォリオを2つの分野に大別することが最善の方法だと考えています。第1の分野は、経済成長が予想よりも堅調な場合に魅力的なインカムが生じると考えられる資産から構成されています。第2の分野は、経済成長が予想よりも低調な場合に運用成績が良好となり、ポートフォリオの下方リスクをヘッジする役割を果たすと考えられる資産から構成されています。

社債を主な投資対象とし、ハイイールド債に無制限に投資することができるインカム型のファンドも一部には存在しますが、その場合、信用リスクが集中したポートフォリオとなってしまうおそれがあります。PIMCOでは、元本の保全を顧みずにインカムの最大化を図るのではなく、セクターや国の分散を高め、下方リスクの軽減に努めています。また、魅力的な絶対リターンとプラスのトータルリターンの確保を、長期的な目標に掲げています。

問: PIMCOのトップダウンの経済見通しと、それがインカム戦略にどのように反映されているのかを説明してください。
ダニエル・アイバシン: PIMCOでは、世界経済の成長率は過去の平均的な水準を引き続き下回るものの、2017年にはやや上昇し、実質ベースで米国は2~2.5%、ユーロ圏では1~1.5%、日本では0.5~1.0%程度になると予想しています。6月の英国の欧州連合離脱(Brexit)の決定は、短期的には欧州の経済成長にマイナスの影響を与えるでしょう。また、各国の中央銀行の政策は今後も二極化すると予想しています。

PIMCOの予想どおりBrexitの影響が英国と欧州に概ね限定されるのであれば、米国ではそのまま緩やかな金融引き締めサイクルが継続するとみられる一方で、欧州、日本、オーストラリア、中国では景気を下支えするための緩和政策が維持される見通しです。

ムラタ: 私たちは、このようなPIMCOのトップダウンの経済見通しを反映した、グローバルなインカム・ポートフォリオを構築しようとしています。良好な米国の経済成長と住宅市場の回復継続という見通しに基づき、政府保証のない住宅ローンを担保とするノンエージェンシー・モーゲージ債や、投資適格社債を始めとする信用力の高いセクターを選好しています。

ノンエージェンシー・モーゲージ債は、ポートフォリオに高いインカムをもたらす分野に属し、足元では1桁半ばの魅力的な利回りを提供し、米国の住宅価格が予想以上に上昇した場合にはキャピタルゲインも期待できます。PIMCOでは、向こう2年間に住宅価格は年率3~4%上昇すると予想していますが、仮に住宅価格が下落した場合でも、プラスのリターンが見込まれる点が重要です。

一方、ポートフォリオのなかで信用力の高いディフェンシブな資産で構成される分野では、オーストラリアの固定利付債を選好しています。これは、中国経済の減速を背景に商品価格が全般に低迷し、オーストラリアの経済成長も停滞するというPIMCOの見通しを反映した投資判断です。オーストラリア準備銀行(RBA)は利下げを継続するとみられることから、同国の債券価格には上昇余地があると考えられます。また、RBAが誘導目標とする政策金利はほとんどの先進諸国よりも大幅に高く、オーストラリアの金利は相対的に魅力的です。

問: インカム志向の投資家にとって、先進国市場における低金利は悩ましい問題となっています。低金利環境におけるインカム戦略の運用方針について教えてください。
ムラタ: このような環境下でインカムや利回りを安定的に獲得するためには、運用の柔軟性が必要となります。このインカム戦略は柔軟性が高く、見通しに応じてデュレーション(金利の変化に対する感応度)をゼロから最大8年までの間で自由に設定できることが重要で、それによりポートフォリオの金利リスクをヘッジすることができます。

また、このインカム戦略では、全世界の100兆ドル規模の債券市場から投資対象を柔軟に選択でき、インカムを獲得しつつ元本の保全を図るために、数多くのセクターから投資機会を見出すことができます。オーストラリアの固定利付債へのアロケーションは、インカム戦略固有の柔軟性に基づく投資判断の一例と言えるでしょう。

問: 最近1年間の金融市場のボラティリティ上昇によって、インカム戦略の運用方針は影響を受けたのでしょうか。
アイバシン: 私たちは元本保全のために、常にインカム戦略の耐性強化に努めています。私たちは「曲がっても折れない」設計と表現していますが、この戦略はセクターや地域の配分を柔軟に調整できる特性を備えおり、それによりBrexitの国民投票直後のボラティリティ上昇局面のような困難も乗り切ることができました。インカム重視の観点からグローバルにエクスポージャーをとるこの戦略は、ボラティリティが高い市場環境では伝統的なコア債券戦略よりもやや大きく変動する場合もあります。しかし、グローバルのインカムを志向する分野と安定性を志向する分野を組み合わせることにより、ストレス時にもパフォーマンスを維持できる可能性が高くなり、さまざまな市場環境において、これまで安定的なインカムと魅力的なリスク調整後のトータルリターンを提供してきました。

また、市場は過剰に反応することも多いため、ボラティリティが高騰するときには、投資機会が生まれることもあります。エマージング市場がその好例と言えるでしょう。インカム戦略では、エマージング市場のポジションについては慎重な姿勢を維持してきましたが、投資家が過度に悲観的になった場合には、興味深い投資機会が生じることもあります。たとえば当戦略では、信用力の高いロシアの準ソブリン債など、厳選されたエクスポージャーにより利益を上げてきました。

本戦略でボラティリティが相対的に高いセクターのポジションをとる場合、予想外の動きがポートフォリオ全体の目標に大きく影響を与えないように、そのエクスポージャーは少額に抑えてきました。実際足元では、極端に過大評価または過小評価されているセクターはないというPIMCOの見方を反映して、これまでで最も分散されたポートフォリオを構築しています。

問: 最近では、投資家は流動性についても懸念しています。インカム戦略では、流動性についてどのような方針を採用しているのでしょうか。
アイバシン: 安定的なインカムと魅力的なトータルリターン獲得を目標とする上で、インカム志向性の高いポートフォリオで流動性を積極的に管理することは必要不可欠です。金融危機後の銀行規制の強化の影響もあって、現在、市場流動性は以前よりも低下していることから、インカム戦略ではこれまでよりも現金保有高を増やしています。

また、投資に際してはより高いハードルを設定しています。私たちの運用方針を具体化するにあたり、まずは常に流動性の高い投資対象を優先し、流動性が低い場合には、相応の見返りが期待できるケースに限り、金額を限定した上で投資しています。
 
一方、市場の流動性が低下するタイミングはボラティリティの上昇局面と重なることが多いものですが、「ドライ・パウダー(余裕資金)」と呼ぶ手元流動性を潤沢にしておくことで、アクティブ運用者にとって非常に大きな投資機会を捉えることもできます。実際、今年2月にボラティリティが急上昇した際には、手元流動性の一部を生かして、利回りが非常に魅力的な質の高い資産を買うことができました。

ムラタ: インカム戦略のポートフォリオにおいて、流動性を維持する上で重要な役割を果たしているのが、ポートフォリオの一方の構成要素である、信用力の高いディフェンシブな分野です。この分野は市場のストレス時にパフォーマンスが上向く資産で構築されるため、本戦略の下方リスクを緩和するだけでなく、流動性を提供する役割を果たしています。

問: インカム戦略は投資ポートフォリオにどのように適合するのでしょうか。
アイバシン: インカム戦略は、さまざまなタイプの投資家に対して、広範な債券によるソリューションを提供する目的で設計されています。退職にむけて準備する投資家など、リスク管理を重視しつつ安定的なインカムを志向する投資家には、妥当な選択肢になるでしょう。また、多くの投資家にとって、この先数年間、コア債券の資産配分の補完戦略としての役割も期待できます。金利が底打ちして緩やかに上昇し始める環境では、債券市場のトータルリターンのうち元本の上昇よりもインカムが大きな役割を果たす見込みが大きいため、債券投資家は、ポートフォリオにおいてインカム獲得を最大化する可能性を検討するべきでしょう。

インカム戦略では、PIMCOのトップダウンのマクロ見通しに基づく投資プロセスに従って、250名からなるポートフォリオ・マネージメント・チームの最良の投資アイデアを最大限に活用することを目指しています。本戦略では、常に変化する市場環境のなかで、今後も元本を保全しつつ安定的なインカムを追求するとともに、リスクに見合う局面では積極的な投資スタンスも採用する方針を継続します。

著者

Daniel J. Ivascyn

PIMCOグループ最高投資責任者(グループ CIO)

Alfred T. Murata

モーゲージ・クレジットチームのポートフォリオ・マネージャー

関連コンテンツ

ご留意事項

ピムコジャパンリミテッド
105-0001
東京都港区虎ノ門4-1-28
虎ノ門タワーズオフィス18階
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第382号
加入協会/ 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会

ピムコジャパンリミテッドが提供する投資信託商品やサービスは、日本の居住者であり、かつ法律による制約のない方に対して提供するものであり、かかる商品やサービスが許可されていない国・地域の方に提供するものではありません。

過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。本資料には、本資料作成時点での著者の見解が含まれていますが、これは必ずしもPIMCOグループの見解ではありません。著者の見解は、予告なしに変更される場合があります。本資料は情報提供を目的として配布されるものであり、投資助言や特定の証券、戦略、もしくは投資商品の推奨を目的としたものではありません。本資料に記載されている情報は、信頼に足ると判断した情報源から得たものですが、その信頼性について保証するものではありません。

運用を行う資産の評価額は、組入有価証券等の価格、デリバティブ取引等の価値、金融市場の相場や金利等の変動、及び組入有価証券の発行体の財務状況や信用力等の影響を受けて変動します。また、外貨建資産に投資する場合は為替変動による影響も受けます。したがって投資元本や一定の運用成果が保証されているものではなく、損失をこうむることがあります。運用によって生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。弊社が行う金融商品取引業に関してお客様にご負担頂く手数料等には、弊社に対する報酬及び有価証券等の売買手数料や保管費用等の諸費用がありますが、それらの報酬及び諸費用の種類ごと及び合計の金額・上限額・計算方法は、投資戦略や運用の状況、期間、残高等により異なるため表示することができません。

全ての投資にはリスクが伴い、価値は下落する場合があります。債券市場への投資は市場、金利、発行者、信用、インフレ、流動性などに関するリスクを伴うことがあります。ほぼ全ての債券及び債券戦略の価値は金利変動の影響を受けます。デュレーションの長い債券及び債券戦略は、より短い債券及び債券戦略と比べて金利感応度と価格変動性が高い傾向にあります。一般に債券価格は金利が上昇すると下落し、現在のような低金利環境ではリスクが高まります。債券取引におけるカウンターパーティーの取引能力の低下が市場流動性の低下や価格変動制の上昇をもたらす可能性があります。債券への投資では換金時に当初元本を上回ることも下回ることもあります。高利回りで低格付けの証券への投資は、より高格付けの証券よりも高いリスクを伴います。 また、それらへ投資しているポートフォリオは投資していないポートフォリオに比べてより高いクレジット・リスクと流動性リスクを伴う場合があります。外貨建てあるいは外国籍の証券への投資には投資対象国の通貨価値の変動や経済及び政治情勢に起因するリスクを伴うことがあり、新興成長市場への投資ではかかるリスクが増大することがあります。モーゲージ担保証券や資産担保証券は金利水準の変化に対する感応度が高い場合があり、期限前償還リスクを伴い、また、一般的には政府または民間保証機関による何らかの保証が付されていますが、民間保証機関が債務を履行する保証はありません。株式の価値は一般的な市場、経済、産業の実体と見込み両方の状況によって減少する可能性があります。デリバティブ商品を利用することにより、コストが発生する可能性があり、また流動性リスク、金利リスク、市場リスク、信用リスク、経営リスク、そして最も有利な時点でポジションを清算できないリスクなどが発生する可能性もあります。デリバティブ商品への投資により、投資元本以上の損失を被る可能性もあります。分散投資によって、損失を完全に回避できるわけではありません。本資料で言及した投資戦略が、あらゆる市場環境においても有効である、またはあらゆる投資家に適するという保証はありません。投資家は、自らの長期的な投資能力、特に市場が悪化した局面における投資能力を評価する必要があります。投資判断にあたっては、必要に応じて投資の専門家にご相談ください。