フランス大統領選挙の決選投票において極右のルペン候補に大差で勝利した中道のマクロン氏は、5月14日にフランスの次期大統領に就任します。非常に若く、欧州寄りの立場をとるマクロン氏は、直近の世論調査では60%強の得票が予想されていたのに対して、これを上回る66%の票を獲得しました。

今回の選挙結果は、市場にとって2つの意味でプラスに作用します。まず何よりも、欧州連合(EU)加盟に関する国⺠投票の実施を公約に掲げる反ユーロのルペン氏が、大統領に就任するというレフト・テール・リスクが解消されました。第2に、マクロン氏が予想以上の大差で勝利したことを受けて、6月の議会選挙において同氏が率いる政党「前進」が躍進する可能性が高まりました。「前進」が国⺠議会において絶対過半数を獲得できるかどうかは不明ですが、獲得できなかった場合でも、他の穏健派政党の議員の支持を取り付け、政策の主導権を握ることは可能であるとPIMCOではみています。

より幅広い目でみると、今回の選挙結果は、3月のオランダにおける選挙結果と合わせて、欧州内外で盛り上がりつつあった反体制的な感情の後退を意味します。とはいえ、投資家はあまり楽観的でいるべきではないとPIMCOでは考えています。当面のリスクは後退したものの、中期的にみると、欧州では、経済環境が脆弱で政治情勢が不透明な状態が続いています。このため、とりわけバリュエーションの魅力が大きく低下した債券市場の状況に鑑みると、欧州関連のリスクをとる際には慎重な姿勢を維持することを引き続きお勧めします。

著者

Philippe Bodereau

ポートフォリオ・マネージャーおよびグローバル金融リサーチ統括責任者

Eve Tournier

汎欧州クレジット・ポートフォリオ・マネジメント統括責任者

Nicola Mai

ソブリン・クレジット・アナリスト

ご留意事項

ピムコジャパンリミテッド
105-0001
東京都港区虎ノ門4-1-28
虎ノ門タワーズオフィス18階
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第382号
加入協会/ 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会


ピムコジャパンリミテッドが提供する投資信託商品やサービスは、日本の居住者であり、かつ法律による制約のない方に対して提供するものであり、かかる商品やサービスが許可されていない国・地域の方に提供するものではありません。

過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。本資料には、本資料作成時点でのPIMCOの見解が含まれていますが、その見解は予告なしに変更される場合があります。本資料は情報提供を目的として配布されるものであり、投資助言や特定の証券、戦略、もしくは投資商品の推奨を目的としたものではありません。本資料に記載されている情報は、信頼に足ると判断した情報源から得たものですが、その信頼性について保証するものではありません。

全ての投資にはリスクが伴い、価値は下落する場合があります。本資料は情報提供のみを目的としています。本資料に含まれる予測や推計及び特定の情報は、独自のリサーチを基としており、投資助言や特定の証券、戦略、もしくは投資商品の推奨を目的としたものではありません。

運用を行う資産の評価額は、組入有価証券等の価格、デリバティブ取引等の価値、金融市場の相場や金利等の変動、及び組入有価証券の発行体の財務状況や信用力等の影響を受けて変動します。また、外貨建資産に投資する場合は為替変動による影響も受けます。したがって投資元本や一定の運用成果が保証されているものではなく、損失をこうむることがあります。運用によって生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。弊社が行う金融商品取引業に関してお客様にご負担頂く手数料等には、弊社に対する報酬及び有価証券等の売買手数料や保管費用等の諸費用がありますが、それらの報酬及び諸費用の種類ごと及び合計の金額・上限額・計算方法は、投資戦略や運用の状況、期間、残高等により異なるため表示することができません。