2015年は、投資対象を厳選した分散投資による安定性の高いポートフォリオ構築と資産クラス内や複数の資産クラスにまたがる相対価値機会を求めることがアセットアロケーション投資において重要となると考えています。

低金利の環境に加えて、地政学的な緊張や原油価格の下落、通貨の急激な変動などの不透明要因により、状況は一段と複雑さを増し、投資家の投資意欲は既に低下しているかもしれません。しかし、投資家にとっては、2015年も厳しい年になる可能性があり、アセットアロケーションの観点からすると、目標とするリターンの達成が容易ではない可能性があります。主要国の金融政策の方向性が乖離していることと、世界的な景気のばらつきとの綱引きがさらに進むことに加え、低金利環境が続く中、2015年年初の資産のバリュエーションは、近年よりも割高とみることができます。

しかし、悲観すべき材料ばかりではありません。PIMCOは、米連邦準備制度理事会(FRB)が米国経済の力強い成長を損なわないよう、利上げは緩やかなペースで行いインフレを追随すると予想しており、さらに、欧州中央銀行(ECB)が金融緩和を進め、日本銀行(日銀)も資産購入を継続することにより、景気サイクルがさらに持続するとみています。景気後退の可能性が低くとどまる限り、魅力的なリターンが得られるいくつかのリスク資産を見いだすことは可能だと考えています。

結論として、PIMCOは、株式リスクのオーバーウエイトが引き続き妥当であり、さらに、クレジット・セクターにさまざまな収益機会があるとみています。対照的に、金利リスクについてはやや悲観的であり、コモディティに対するスタンスは中立です。過去数年間は、大胆な「ベータに対するベット(賭け)」が十分なリターンを生み出してきましたが、2015年は、それよりも、投資対象を厳選した分散投資による安定性の高いポートフォリオ構築と資産クラス内や複数の資産クラスにまたがる相対価値機会の発掘に注力することが重要になると考えています。

著者

Mihir P. Worah

アセットアロケーションおよびリアル・リターン担当最高投資責任者(CIO)

プロフィールを見る

Latest Insights

PIMCOの視点

国連の持続可能な開発目標:影響度によるパフォーマンスの測定

PIMCOのESG(環境・社会・ガバナンス)への取り組みの重要な目的の一つは、国連の持続可能な開発目標(SDGs)を対話に取り入れることです。PIMCOがESGへの取り組みを進めていく際、どこに重点を置き、どう説明責任を果たすのか、そして最終的には影響度合いを測る際の枠組みの一つになりうるからです。

ご留意事項

ピムコジャパンリミテッド
105-0001
東京都港区虎ノ門4-1-28
虎ノ門タワーズオフィス18階
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第382号
加入協会/ 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会

ピムコジャパンリミテッドが提供する投資信託商品やサービスは、日本の居住者であり、かつ法律による制約のない方に対して提供するものであり、かかる商品やサービスが許可されていない国・地域の方に提供するものではありません。

過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。本資料には、本資料作成時点での著者の見解が含まれていますが、これは必ずしもPIMCOグループの見解ではありません。著者の見解は、予告なしに変更される場合があります。本資料は情報提供を目的として配布されるものであり、投資助言や特定の証券、戦略、もしくは投資商品の推奨を目的としたものではありません。本資料に記載されている情報は、信頼に足ると判断した情報源から得たものですが、その信頼性について保証するものではありません。

運用を行う資産の評価額は、組入有価証券等の価格、デリバティブ取引等の価値、金融市場の相場や金利等の変動、及び組入有価証券の発行体の財務状況や信用力等の影響を受けて変動します。また、外貨建資産に投資する場合は為替変動による影響も受けます。したがって投資元本や一定の運用成果が保証されているものではなく、損失をこうむることがあります。運用によって生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。弊社が行う金融商品取引業に関してお客様にご負担頂く手数料等には、弊社に対する報酬及び有価証券等の売買手数料や保管費用等の諸費用がありますが、それらの報酬及び諸費用の種類ごと及び合計の金額・上限額・計算方法は、投資戦略や運用の状況、期間、残高等により異なるため表示することができません。