PIMCOでは、今後もニュー・ニュートラルの状況が継続する見通しであり、重要な点として、資産市場はそのような展開を概ね価格に織り込んでいるとみています。このような状況は全体として、PIMCOが長期的な時間軸として考える今後3~5年間にわたって、資産価格の動向やマルチ・アセット・ポートフォリオの運用方法に対して重要な意味合いを持ちます。

PIMCOのニュー・ニュートラルという命題の中核には、中央銀行は利上げを行う場合でも緩やかかつ慎重なペースで実施し、今後のサイクルにおいては、刺激的でも抑制的でもない中立金利の水準は過去のサイクルを下回る、という見方があります。米国ではこれが、多くの市場参加者が想定する4%という従来の水準ではなく、2%程度に近い水準になると予想されます。また、PIMCOでは、物価の上昇が限定的な時期から脱却するにしても、インフレが問題化するとは予想していません。低金利と緩やかなインフレが、低水準ながら長期にわたる景気回復をサポートし、現在の資産価格を下支えするとみています。

それでは、PIMCOのニュー・ニュートラルという命題がマルチ・アセット運用に対して長期的に重要な意味合いを持つのはなぜでしょうか。その理由として、過去30年間に経験した極めて低い政策金利とターム・プレミアムの縮小という追い風が、ようやく過去のものになることを指摘したいと思います。また、ほとんどの市場では低金利という現実がすでに価格に織り込まれているため、現在のバリュエーションはこの先の潜在的なリターンを抑制する可能性が高いでしょう。

このため、投資家は、向こう5年間の各種資産クラスのリターンや最適なポートフォリオを構築するパラダイムが、過去5年間、場合によっては過去30年間とは異なる公算が大きいという現実に順応する必要があります。また、投資家は、全体のアセットアロケーションをよりダイナミックかつタクティカルに行うことが求められ、リスクを個別のポジションに割り当てる際に差別化の姿勢を強めながらポートフォリオを構築するべきでしょう。高いリターンを達成することは引き続き可能なものの、ポートフォリオのアクティブ運用がかつてなく重要かつ必要になっているとPIMCOではみています。

著者

Mihir P. Worah

アセットアロケーションおよびリアル・リターン担当最高投資責任者(CIO)

Geraldine Sundstrom

アセットアロケーション戦略担当のポートフォリオ・マネージャー