We see significant and in some cases widening divergences among the world’s major economies.

9月に開催した短期経済予測会議(シクリカル・フォーラム)では、世界各地からPIMCOの投資プロフェッショナルがニューポートビーチに集まり、向こう1年間の投資に重要な意味を持つとPIMCOが考えるトレンドを見出すべく、グローバルな市場と経済の状況を議論しました。

PIMCOの短期的なベースライン・シナリオは3月に開催した前回のシクリカル・フォーラムから概ね変わっていないものの、世界の主要国の間には大きな格差があり、一部では格差がさらに拡大していると考えられます。また、全般に、非伝統的な金融政策の効果が薄れつつあることや、中国情勢に起因して市場ではボラティリティが上昇していることなどを踏まえると、グローバル経済に対するリスクはやや下振れ方向に傾斜しているとみています。

大きな意味では、世界の債券市場はPIMCOのニュー・ニュートラルという長期的な金利の枠組みと整合的であるとみています。PIMCOの短期経済見通しは様々な地域および資産クラスにおける投資戦略の構築に重要なインプットを与える役割を果たします。

レポートを読む>

著者

Richard Clarida

元グローバル戦略アドバイザー、2006~2018年

Andrew Balls

グローバル債券担当最高投資責任者(CIO)

関連コンテンツ

ご留意事項

全ての投資にはリスクが伴い、価値は下落する場合があります。債券市場への投資は市場、金利、発行者、信用、インフレ、流動性などに関するリスクを伴うことがあります。ほぼ全ての債券及び債券戦略の価値は金利変動の影響を受けます。デュレーションの長い債券及び債券戦略は、より短い債券及び債券戦略と比べて金利感応度と価格変動性が高い傾向にあります。一般に債券価格は金利が上昇すると下落し、現在のような低金利環境ではリスクが高まります。債券取引におけるカウンターパーティーの取引能力の低下が市場流動性の低下や価格変動制の上昇をもたらす可能性があります。債券への投資では換金時に当初元本を上回ることも下回ることもあります。高利回りで低格付けの証券はより高格付けの証券よりも高いリスクを伴います。 また、それらへ投資しているポートフォリオは投資していないポートフォリオに比べてより高いクレジット・リスクと流動性リスクを伴う場合があります。政府が発行する物価連動債(ILB)は、元本価値がインフレ率に連動して定期的に調整される債券です。実質金利が上がった場合、物価連動債(ILB)の価値は減少します。インフレ連動国債(TIPS)は、米国政府が発行する物価連動債(ILB)です。モーゲージ担保証券と資産担保証券は金利水準に対する感応度が高い場合があり、期限前償還リスクを伴い、また、発行体の信用力に対する市場の認識に応じてその価格は変動する可能性があります。また、一般的には政府や政府機関、または民間保証機関による何らかの保証が付されていますが、民間保証機関が債務を履行する保証はありません。外貨建てあるいは外国籍の証券への投資には投資対象国の通貨価値の変動や経済及び政治情勢に起因するリスクを伴うことがあり、新興成長市場への投資ではかかるリスクが増大することがあります。為替レートは短期間に大きく変動する場合があり、ポートフォリオのリターンを減少させる可能性があります。株式の価値は一般的な市場、経済、産業の実体と見込み両方の状況によって減少する可能性があります。コモディティは市場、政治、規制、自然などの条件により高まるリスクを伴い、全ての投資家に適しているとは限りません。本資料で言及した戦略概要は、特定の時期における主要なテーマの説明を目的としたものです。特定の口座、プロダクト、あるいは戦略がこれらのテーマ全てあるいは一部に関連した取り組みを行うことを表明するものではありません。投資判断にあたっては、必要に応じて投資の専門家にご相談ください。