PIMCOブログ

新たなサステナブル・ファイナンス原則

2020年9月に発表された「統合SDG投資・ファイナンスに関するCFO原則(CFO Principles for Integrated SDG Investments and Finance)」は、企業によるSDGs(持続的な開発目標)投資の新たな市場の創出を目指して策定されたものです。

PIMCOは2019年12月、まだ渡航制限とソーシャルディスタンスが当たり前となる数ヶ月前、イタリアのミラノにおいて、世界の最高財務責任者(CFO)と共に国連グローバル・コンパクトの持続可能な開発目標(SDGs)投資フォーラムに参加し、SDGs達成に向けた企業ファイナンスの類型化について議論しました。

国連グローバル・コンパクトのSDGsのためのCFOタスクフォースの共同議長であるスコット・マザーは、このイニシアチブを推進していくため、以下のような行動を呼びかけました。

「持続可能な目標の達成に向けて努力を続けていくためには、グリーンボンドに留まらず、投資家と発行体が共に協力して、市場を一層拡大してゆくことが必要になるでしょう。」

その9ヶ月後、企業ファイナンスとSDG投資の結びつきを一層高めるための統合SDG投資・ファイナンスに関するCFO原則を、共同発表しました。この原則は、目標2(飢餓の解消)、目標5(ジェンダー平等)、目標13(気候変動及びその影響を軽減する緊急対策)などを含む17のSDGsの目標に則った社債等の投資市場を発展させることを目指しています。

この9月の発表により、以下のCFOタスクフォースのイニシアチブの三つの目的のうちの一つを達成したことになります。

  1. 指針となる原則の創設(2020年9月発表)
    1. 原則1-SDGインパクトの命題と測定
    2. 原則2-統合SDG戦略と投資
    3. 原則3-統合SDG企業ファイナンス
    4. 原則4-統合SDGコミュニケーションとレポーティング
  2. 投資価値拡大のための金融イノベーション推進
  3. ステークホルダーとの成果の共有

この原則の発表は、2020年国連総会とニューヨークで開かれる気候変動問題対応の国際的会議Climate Week NYCの時期と重なっています。気候変動による壊滅的な被害が明らかになるにつれ、PIMCOは気候変動が世界経済や金融市場や債券の発行体に深刻な影響を及ぼす可能性が大きいとの見方を強めています。気候変動はここ数年のPIMCOの長期経済予測会議における主要なテーマの一つで、世界のエネルギー転換や気候変動が金融システムに与えるリスクを議論してきました。

グリーンボンド市場が爆発的に成長していることは喜ばしいことですが、PIMCOでは環境に大きな影響を与える債券投資の機会は更に大きなものだと考えています。それゆえに、SDG投資に向けてより大きな市場を創り上げるというCFOタスクフォースの目標を支持しています。気候変動対策に的を絞って投資を考えている投資家にとって重要なことは、拡大しつつある気候関連の債券市場のなかには、ラベル付きグリーンボンドだけではなく、ラベル無しのグリーンボンドや、気候変動対策のリーダーが発行する債券も含まれている点です。

  • グリーンボンド(ラベル付き)とは、明確に環境や気候関連のプロジェクトのために発行された債券です。
  • ラベル無しグリーンボンドとは、明確なグリーンプロジェクト向けではなく、太陽エネルギー企業や鉄道輸送企業など、気候ソリューションに実質的に大きく関わっている発行体による債券です。
  • PIMCOが定義する「気候変動対策のリーダーが発行する債券」とは、炭素排出ネットゼロ社会への移行の最先端を走っていると考えられる、業界を牽引する企業が発行する債券です。そのような発行体は、水資源、プラスチック、大気汚染や生物学的多様性などを含め、二酸化炭素排出や広範囲な環境への影響の軽減にコミットしてきた企業です。

PIMCOはアクティブ運用会社として、単に投資機会を見い出すだけではなく、お客様のための投資機会の創造を目指しています。発行される債券ごとに、発行体との積極的な対話や、SDGsのためのCFOタスクフォースなどのグループに参加することにより、業界スタンダードに影響を与え、イノベーションを促すことが可能になります。

PIMCOのクレジット・リサーチ・チームが、SDGsに則った炭素排出ネットゼロ経済移行の「勝者」をどのように発掘するのかについて、さらに詳しく知りたい方は、PIMCOのESGウェブページをご覧ください。

スコット・マザーは米国コア戦略担当最高投資責任者(CIO)でPIMCOのESG戦略の責任者、ギャビン・パワーはPIMCOの国際問題および持続可能な開発担当責任者で、両者はPIMCOブログの定期的寄稿者。

(2020年9月23日発行)

著者

Scott A. Mather

米国コア戦略担当最高投資責任者(CIO)

Gavin Power

国際問題および持続可能な開発担当責任者

関連コンテンツ

Green Light to a Greener Economy: Three Investment Trends
XDismiss Next Article