PIMCOの視点

社債の新規発行における、アクティブ運用の優位性

社債の新規発行時には、アクティブ運用者が大きなアルファを獲得できる可能性があります。また、規模が大きい運用会社ほど、起債時の買い手としてアロケーションにおいて有利に働くことも珍しくありません。

新株公開時には、メディアが大きく取り上げることがあります。最近のスナップチャット、アリババ、ビザの新株公開案件(IPO)では、経済メディアは熱狂し、投資家はどよめき、少なくとも当初は株価も上昇傾向にありました。

一方、債券市場でIPOに相当する起債案件がメディアを賑わすことは稀ですが、少なくともアルファを追求するアクティブ運用者にとっては、より重要性が高い場合があります。

より魅力的な投資機会

社債の新規発行時には、以下の理由により、アクティブ運用者が大きなアルファを獲得できる可能性があります。

  • 株式と比べ社債の方が頻繁に発行され、新発債の市場シェアは新株を大幅に上回ります。 バークレイズ・ポイントのデータによると、過去3年間、米国の社債市場では新発債のシェアが20%を上回ってきました。これに対して、米証券業金融市場協会(SIFMA)およびブルームバーグによると、同期間に、米国の株式市場ではIPO銘柄のシェアが1%にも満たない状況でした。債券には決まった満期があるのに対して、普通株式には一般に満期がないことを踏まえると、これは合理的と言えるでしょう。
  • 起債市場には、アルファ獲得の好機が継続的に存在します。 一般に債券のアクティブ運用者は、起債時に新発債を購入します。購入のタイミングは、当該銘柄が月初にインデックスに組み込まれるタイミングよりも1週間以上早いことも珍しくありません。新発債には既発債よりもやや割安で有利な条件で発行される傾向があるため(新規発行コンセッションと呼ばれます)、この点は重要であり、アクティブ運用者にとってアルファ獲得の好機になり得ます。

    これに対して、パッシブ運用者は購入を先送りする場合もあります。インデックスに組み込まれる前に債券価格が変動すれば、トラッキング・エラーが生じる恐れがあるほか、インデックス非構成銘柄に対する保有制限に抵触することもあります。結局のところ、パッシブ運用の目的は、インデックスをアウトパフォームすることではなく、インデックス並みのパフォーマンスを上げることなのです。
  • アクティブ運用者は銘柄選択の裁量があり、魅力的な債券を探します。 ほとんどの銘柄がコンセッション付きで発行されるものの、必ずしもすべてを購入するわけではありません。PIMCOをはじめ充実したクレジット・リサーチ・チームを擁する運用会社は、割高感があると判断した銘柄の購入を頻繁に見送っています。これに対してパッシブ運用者には、価格とは無関係に、すべてのインデックス構成銘柄を購入するインセンティブが働きます。

規模の重要性

このほか、規模が大きい運用会社ほど、特に大規模な新規発行案件の際、アロケーションにおいて優遇されることも珍しくありません。数十億ドル規模の債券を販売する投資銀行は、そのためのシンジケート団を結成します。主幹事のポジション獲得を目指すシンジケート・デスクの責任者は、十分な需要を確保して、借り入れコストが上昇する前に起債プロセスを速やかに進めるため、少数の大規模な投資家に依存する場合があります。

2013年にボーダフォンが保有するベライゾン・ワイヤレスの残存持ち分を取得するため、ベライゾンが490億ドルと記録的規模の起債を実行した事例を思い出してみましょう。ベライゾンは、平均的な投資適格銘柄のコンセッションが10~20ベーシスポイントであるところ、発行額の大きさを考慮して、50~80ベーシスポイントのコンセッションをオファーしました。ブルームバーグによると、この案件では、上位10社の買い手(PIMCOを含む)が発行額全体の45%を、上位5社の買い手が全体の3分の1程度を購入しました。

債券市場に対して新発債が与える影響は、株式市場に対してIPO銘柄が与える影響を大きく上回ります。アロケーションを巡る競争は、厳しくなることがあります。また、すべての運用会社が、大規模な新発銘柄を容易に吸収できるほど大きなポートフォリオを運用しているわけではありません。ただし、大規模な案件が必ずしも割安というわけではありません。購入を見送る案件を見極める能力が重要になります。

著者

Christian Stracke

グローバル・クレジット・リサーチ・グループの統括責任者

Jeff Helsing

クレジット担当のプロダクト・ストラテジスト

関連コンテンツ

PIMCOブログ

インデックスの構成銘柄変更は投資の好機​​​

債券のベンチマークをトラックするパッシブ運用者は、発行体がベンチマークから除外された場合、その本質的な価値が直ちに変わらないとしても、売却を余儀なくされることになります。その結果、アクティブ運用者には、より割安な価格で購入する機会が生まれる可能性があります。

ご留意事項

ピムコジャパンリミテッドが提供する投資信託商品やサービスは、日本の居住者であり、かつ法律による制約のない方に対して提供するものであり、かかる商品やサービスが許可されていない国・地域の方に提供するものではありません。

過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。本資料には、本資料作成時点でのPIMCOの見解が含まれていますが、その見解は予告なしに変更される場合があります。本資料は情報提供を目的として配布されるものであり、投資助言や特定の証券、戦略、もしくは投資商品の推奨を目的としたものではありません。本資料に記載されている情報は、信頼に足ると判断した情報源から得たものですが、その信頼性について保証するものではありません。

債券市場 への投資は市場、金利、発行者、信用、インフレ、流動性などに関するリスクを伴うことがあります。ほぼ全ての債券及び債券戦略の価値は金利変動の影響を受けます。デュレーションの長い債券及び債券戦略は、より短い債券及び債券戦略と比べて金利感応度と価格変動性が高い傾向にあります。一般に債券価格は金利が上昇すると下落し、現在のような低金利環境ではリスクが高まります。債券取引におけるカウンターパーティーの取引能力の低下が市場流動性の低下や価格変動制の上昇をもたらす可能性があります。債券への投資では換金時に当初元本を上回ることも下回ることもあります。投資判断にあたっては、必要に応じて投資の専門家にご相談ください。

マネジメント・リスク とは、PIMCOが用いる投資手法およびリスク分析が望んだ結果を生まないリスク、また、政策や変更等が戦略の運用においてPIMCOが利用可能な投資手法に影響を及ぼしうるリスクを指します。

言及されている特定の証券及びその発行体については、売買や保有継続の推奨を目的としたものではありません。

PIMCO商品および戦略に言及された証券を保有している場合がありますが、その場合においてかかる証券を保有し続けることを表明するものではありません。

運用を行う資産の評価額は、組入有価証券等の価格、デリバティブ取引等の価値、金融市場の相場や金利等の変動、及び組入有価証券の発行体の財務状況や信用力等の影響を受けて変動します。また、外貨建資産に投資する場合は為替変動による影響も受けます。したがって投資元本や一定の運用成果が保証されているものではなく、損失をこうむることがあります。運用によって生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。弊社が行う金融商品取引業に関してお客様にご負担頂く手数料等には、弊社に対する報酬及び有価証券等の売買手数料や保管費用等の諸費用がありますが、それらの報酬及び諸費用の種類ごと及び合計の金額・上限額・計算方法は、投資戦略や運用の状況、期間、残高等により異なるため表示することができません。