PIMCOブログ

インデックスの構成銘柄変更は投資の好機​​​

債券のベンチマークをトラックするパッシブ運用者は、発行体がベンチマークから除外された場合、その本質的な価値が直ちに変わらないとしても、売却を余儀なくされることになります。その結果、アクティブ運用者には、より割安な価格で購入する機会が生まれる可能性があります。

4月には、総額3,000億ドルを超える1,000銘柄以上の債券が、ブルームバーグ・バークレイズ米国総合インデックスから除外されます。

このような変更は、堅固なリサーチ機能を有する債券のアクティブ運用者には有利に、パッシブ運用者には不利に作用する傾向があります。

債券のベンチマークをトラックするパッシブ運用者は、発行体がベンチマークから除外された 場合、その本質的な価値が直ちに変わらないとしても、売却を余儀なくされることになります。売却が価格の下落に結び付きやすいことは、言うまでもありません。その結果、アクティブ運用者には、より割安な価格で購入する機会が生まれる可能性があります。

今回の銘柄変更はインデックス・ルールの変更に伴うもので、2017年4月1日以降、インデックス適格となる国債、政府機関債、社債の時価総額の最低水準が、2億5,000万米ドルから3億米ドルに引き上げられることにより、それらの債券が除外されます。除外銘柄の本質的な価値が変わらない場合でも、ルールの制約を受けるパッシブ運用者は、ファンダメンタルズとは無関係に売却を強いられることになります。

追加銘柄と除外銘柄
同じような事例として、1年ほど前には、原油などのコモディティの価格の急落に伴い、天然資源生産企業が発行する1,000億米ドル以上の債券の格付けが投機的階級に引き下げられました。

一例を挙げると、2016年1月と2月には、銅採掘大手のフリーポート・マクモラン(FCX)の債券が投機的階級に格下げされました。その後、時価総額は急回復を遂げ、ハイイールド市場の1%近くを占めるようになりました。

この事例では、債券のパッシブ運用者は2度も痛手を被ることになりました。まず、投資適格のパッシブ運用者は、売却を余儀なくされました。一方、ある大規模なハイイールド債の上場投資信託(ETF)の例では、同銘柄を買い集め、トラックするハイイールド・インデックス(時価総額加重ベース)における同銘柄の構成比率を実現するまでに数カ月間を要し、ポジション構築が完了した4月末には、同銘柄の価格はムーディーズによる格下げ後の最安値の2倍を超える水準にまで回復していました(図表1)。

独自の格付け評価
インデックスの構成銘柄変更は、アクティブ運用者にとって超過収益の源泉となります。また、PIMCOが堅固なボトムアップとトップダウンのリサーチを重視する背景の1つでもあります。

リサーチの主な目的は、「ライジング・スター(投資適格階級に格上げされる見通しのハイイールド銘柄)」と「フォーリン・エンジェル(投機的階級に格下げされる見通しの投資適格銘柄)」を特定する ことにあります。アクティブ運用者にとって、主要格付会社による格付け変更を正確に予測することが、超過収益獲得につながる可能性があります。

実際に、ブルームバーグ・バークレイズ・インデックスによる分析では、「ライジング・スター」の価格は格上げの数カ月前に上昇する傾向があり、その場合、パッシブ運用者は利益獲得の機会を逸する可能性があります(図表2)。反対に、「フォーリン・エンジェル」の価格は格下げよりかなり前に下落して、その後も、パッシブ運用者がインデックスとの関連から継続保有できない債券を売却する結果、下落し続ける傾向があります。アクティブ運用者は、このような場合の損失を回避することが可能です。

債券は違う
残念なことに、クレジット・リサーチには、このように潜在的なメリットが存在するものの、普及度において株式リサーチに大きく遅れており、大規模なチームを編成する際には大きな課題が伴います。

主な要因の1つは、債券市場の規模であると考えられます。PIMCOでは、クレジット市場において、ハイイールド債、投資適格債、バンクローン、エマージング国債、地方債、証券化商品を始めとする44,000以上の銘柄をカバーしています。これに対して、MSCI全世界インデックスは14,447銘柄が対象で、グローバル株式の投資機会の99%をカバーしています(2016年末現在)。

債券を最も幅広くカバーしているのは格付会社のようですが、格付けレポートは主に相対的なリスクを評価するものであって、投資判断を示すものではありません。また、格付会社には、ルールに基づく機械的な格付手法を採用する傾向があります。このような手法は、一貫性と透明性の改善に寄与することはあっても、債券投資家にとって重要になり得るリスクを予測できないケースが頻繁に見受けられます。

このような背景から、PIMCO独自の格付けの約60%は、主要格付会社の平均格付けと異なっています(2016年末現在)。

PIMCOでは、世界中の拠点において50名を超えるクレジット・アナリストを擁しています(2016年末現在)。各アナリストは、担当業種の調査を行い、企業経営者と面談し、相対価値の分析を行い、PIMCOのマクロ経済見通しを踏まえた詳細な評価レポートを企業ごとに作成します。

4月に入って、パッシブ運用者が総額3,000億ドルを超える1,000銘柄以上の債券を強制的に売却するタイミングを、アクティブ運用者は待ち構えています。

クリスチャン・ストラックはPIMCOのグローバル・クレジット・リサーチ・グループの統括責任者です。 

著者

Christian Stracke

グローバル・クレジット・リサーチ・グループの統括責任者

プロフィールを見る

Latest Insights

PIMCOブログ

European Central Bank Policy: QE Infinity

That fiscal policy is becoming the new monetary policy when it comes to fighting recession was a key conclusion of PIMCO’s Secular Forum, and this was the message ECB President Mario Draghi underlined through both actions and words.

The Potential and Challenges of 5G: A Global Credit Analysis
PIMCOの視点

The Potential and Challenges of 5G: A Global Credit Analysis

We see 5G as an important element in a broader mix of broadband access technologies that will improve connectivity. It will extend beyond telecommunications into transportation, manufacturing, healthcare, agriculture, and energy, among other industries. However, many issues will need to be resolved to determine how the various stakeholders will fare.

関連コンテンツ

ご留意事項

ピムコジャパンリミテッド
105-0001
東京都港区虎ノ門4-1-28
虎ノ門タワーズオフィス18階
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第382号
加入協会/ 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会



ピムコジャパンリミテッドが提供する投資信託商品やサービスは、日本の居住者であり、かつ法律による制約のない方に対して提供するものであり、かかる商品やサービスが許可されていない国・地域の方に提供するものではありません。

過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。本資料には、本資料作成時点でのPIMCOの見解が含まれていますが、その見解は予告なしに変更される場合があります。本資料は情報提供を目的として配布されるものであり、投資助言や特定の証券、戦略、もしくは投資商品の推奨を目的としたものではありません。本資料に記載されている情報は、信頼に足ると判断した情報源から得たものですが、その信頼性について保証するものではありません。

言及されている特定の証券及びその発行体については、説明を目的としたものであり、売買を推奨を目的としたものではありません。PIMCO商品および戦略に言及された証券を保有している場合がありますが、その場合においてかかる証券を保有し続けることを表明するものではありません。

マネジメント・リスクとは、PIMCOが用いる投資手法およびリスク分析が望んだ結果を生まないリスク、また、政策や変更等が戦略の運用においてPIMCOが利用可能な投資手法に影響を及ぼしうるリスクを指します。全ての投資にはリスクが伴い、価値は下落する場合があります。債券市場への投資は市場、金利、発行者、信用、インフレ、流動性などに関するリスクを伴うことがあります。ほぼ全ての債券及び債券戦略の価値は金利変動の影響を受けます。デュレーションの長い債券及び債券戦略は、より短い債券及び債券戦略と比べて金利感応度と価格変動性が高い傾向にあります。一般に債券価格は金利が上昇すると下落し、現在のような低金利環境ではリスクが高まります。債券取引におけるカウンターパーティーの取引能力の低下が市場流動性の低下や価格変動制の上昇をもたらす可能性があります。債券への投資では換金時に当初元本を上回ることも下回ることもあります。

運用を行う資産の評価額は、組入有価証券等の価格、デリバティブ取引等の価値、金融市場の相場や金利等の変動、及び組入有価証券の発行体の財務状況や信用力等の影響を受けて変動します。また、外貨建資産に投資する場合は為替変動による影響も受けます。したがって投資元本や一定の運用成果が保証されているものではなく、損失をこうむることがあります。運用によって生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。弊社が行う金融商品取引業に関してお客様にご負担頂く手数料等には、弊社に対する報酬及び有価証券等の売買手数料や保管費用等の諸費用がありますが、それらの報酬及び諸費用の種類ごと及び合計の金額・上限額・計算方法は、投資戦略や運用の状況、期間、残高等により異なるため表示することができません。