PIMCOブログ

ESGの融合と対話:南アフリカのソブリン債

南アのソブリン債評価のケーススタディは、積極的な対話と綿密なESG分析がポートフォリオ戦略の構築にいかに役立つかを示しています。

本稿はCFAの機関紙に掲載される予定です。

境・社会・ガバナンス(ESG)指標は、PIMCOのソブリン債評価に不可欠なものであり、投資判断に活かされています。では、実際にPIMCOでは、ESGに関する評価を投資判断にどのように取り入れているのでしょうか。

ESGや様々なリスク・ファクターについての厳密な分析に加え、現地における対話が重要だとPIMCOでは考えています。対話を通じて全体的な状況を把握し、当該国固有のリスクを見極め、政府職員や経済界のリーダーとの積極的な対話を通して見方を共有し、ESGの目標達成に関する政府の実績を評価します。PIMCOのアプローチについては、最近のレポート「ソブリン債投資にESG分析を導入」で詳述していますが、積極的な対話と綿密なESG分析がどうポートフォリオ戦略の構築に活かされているかをご理解いただくための具体的な事例として、南アフリカのソブリン債評価のケーススタディが挙げられます。

ESGのソブリン債リスクのケーススタディ:南アフリカ共和国

2015年から2017年の南アフリカの政治動向をみると、従来のソブリン債分析にESGの要素を取り入れ、タイムリーに対話を行うことで、リスク評価が向上し、ポートフォリオを大幅なダウンサイドリスクから守れる可能性があることがよくわかります。

2015年7月、南アフリカのジェイコブ・ズマ前大統領の汚職疑惑が浮上しました。批判が集中したのは南アフリカとロシアの原子力協定で、ズマ前大統領が私腹を肥やし、同国の電力会社に損害を与える枠組みだとみなされました。ズマ前大統領と、同国の著名な財閥グプタ家との癒着にも批判が集中しました。与党アフリカ民族会議(ANC)内の権力闘争に発展し、南アフリカの制度的基盤は弱体化、財務相が頻繁に交代し、財政が悪化、政局が混乱する事態となりました。

PIMCOでは、疑惑が最初に表面化した時点で南アフリカの政治的リスク、ガバナンス・リスクの見直しに着手し、詳細な調査を実施すべく、シニア・チームが現地に赴きました。目的は、財源が健康や教育分野から他に転用されることによる経済的・制度的影響および社会的影響を把握することでした。

評価結果により、社内格付け引き下げへ

政府との徹底的な議論や詳細な分析を踏まえ、PIMCOでは、大手格付け会社より数四半期前に、南アフリカの社内格付けを引き下げました。(図表を参照)。PIMCOのソブリン格付けのガバナンス指標の比重、政権の弱体化が経済成長や政府債務に及ぼす影響の評価、政府高官との対話は、いずれも格下げを促しました。

PIMCO社内の格下げにより、南アフリカのソブリン・リスク及び準ソブリン・リスクにさらされたポートフォリオを再評価することになり、その結果、PIMCOのお客様へエクスポージャーを減らすよう連絡することになりました。PIMCOでは、標準的なソブリン・リスク評価の枠組みにESGの要素を取り入れることで、早期に問題を突き止め、市場が依然として南アフリカに有利なシナリオを織り込んでいる時点でエクスポージャーを減らすことができたわけです。政権の腐敗ぶりが明るみになるにつれて、市場や格付機関の評価がPIMCOの評価に追いついてきたのです。

継続的な分析と対話

2015年から2017年にかけて、PIMCOでは、南アフリカ政府や主要な利害関係者との対話を続けました。これによって、政治力学への理解が深まり、投資家の懸念を意思決定者に直接伝えることができました。

世界的にマクロ経済環境が改善するにつれ、市場は再び南アフリカを高く評価し始めましたが、ガバナンスや透明性に問題があるとの見方からPIMCOでは慎重な姿勢を崩しませんでした。特に、ズマ前大統領の元妻のヌコサザナ・ドラミニ=ズマがANCの代表権を掌握した場合、前政権の政策が継続する可能性が高いと判断しました。

2017年12月にシリル・ラマポーザ大統領がANCの議長に選出され、2018年2月にズマ前大統領が辞任したことを受け、PIMCOでは、新政権による国営企業の経営改革の進捗状況や、ガバナンスや透明性の向上に関する改革の進展を注視しています。腐敗撲滅に向けた措置が講じられていることは、南アフリカがようやく回復に向けた長い道のりに踏み出したことを示す、有望な兆しです。

債券市場はESG関連の取り組みに対して資金を提供すると同時に、利益獲得の機会も提供する独自の地位を築いていると考えています。

「ESG投資と債券:新たなニューノーマル?」を読む

著者

Lupin Rahman

ソブリン・クレジットのグローバル統括責任者

プロフィールを見る

Latest Insights

関連コンテンツ

PIMCOの視点

国連の持続可能な開発目標:影響度によるパフォーマンスの測定

PIMCOのESG(環境・社会・ガバナンス)への取り組みの重要な目的の一つは、国連の持続可能な開発目標(SDGs)を対話に取り入れることです。PIMCOがESGへの取り組みを進めていく際、どこに重点を置き、どう説明責任を果たすのか、そして最終的には影響度合いを測る際の枠組みの一つになりうるからです。

ご留意事項

社会的責任投資は、定性的で主観的な性質上、PIMCOが活用する基準や行使する判断が、特定の投資家の見解や価値を反映することを保証するものではありません。責任ある行動についての情報は、自発的な発表や第三者による報告から得たものであり、正確性や完全性を欠いている可能性がありますが、PIMCOはこうした情報に基づいて、企業の責任ある行動へのコミットメントや執行を評価しています。社会的責任の規範は、地域によって異なります。社会的責任投資の投資戦略や手法の成功が保証されているわけではありません。過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。全ての投資にはリスクが伴い、価値は下落する場合があります。投資判断にあたっては、必要に応じて投資の専門家にご相談ください。

言及されている特定の証券及びその発行体については、売買や保有継続の推奨を目的としたものではありません。 PIMCO商品および戦略に言及された証券を保有している場合がありますが、その場合においてかかる証券を保有し続けることを表明するものではありません。