フィルタ: すべてリセット

フィルタ

Close Filters Dropdown
  • タグ

    リセット

    閉じる
  • Category

    リセット

    Economic and Market Commentary
    Investment Strategies
    Viewpoints
    Financial Institutions
    Education
    Japanese Blog
    Update
    Blog
    Contribution Article
    閉じる
  • リセット

    閉じる
() filters applied

PIMCOの視点一覧

コンテンツ を探す
  • PIMCOの視点
  • 2017
セクション : タグ : 日付 : エキスパート :
すべてリセット
クオンツ・リサーチと分析

債券は違う: アクティブ運用 vs. パッシブ運用の12のポイント​​

債券は違う: アクティブ運用 vs. パッシブ運用の12のポイント​​

PIMCOの分析では、株式投資とは異なり、アクティブ型の債券運用がパッシブ型を大幅にアウトパフォームしていることが分かりました。当レポートでは、”なぜ債券が株式と異なるか”を12のポイントを挙げて解説いたします。

Ravi K. Mattu

アナリティクス統括責任者


ラビ・K・マットゥー
マネージング・ディレクター ニューポートビーチを拠点とするアナリティクス統括責任者。ポートフォリオ・マネジメント・アナリティクス、クライアント・アナリティクス、およびアドバイザリー・グループのアセット・エクスパート・チームを統括する。2011年にPIMCOへ入社する以前は、シタデル・セキュリティーズにてリサーチおよびストラテジー統括責任者として勤務し、それ以前には、シタデル・インベストメント・グループのチーフ債券ストラテジストを務めた。同社以前には、17年間リーマン・ブラザーズに勤め、グローバル株式・債券リサーチ統括責任者、債券クオンツ・リサーチ統括責任者、証券化商品リサーチ統括責任者など数々のシニア・ポジションに就いた。投資業務経験35年。 シカゴ大学よりMBA、インド経営大学より修士号を取得。インドのゴヴィンド・バッラブ・パント大学にて電気工学の学士号を取得。