PIMCOの視点一覧

コンテンツ を探す
分野別で探す
  • 運用戦略
日付で探す
  • 2015
セクション : タグ : 日付 : エキスパート :
すべてリセット
注目のソリューション

インカム志向の運用: 低利回りという困難な環境への対応

インカム志向の運用: 低利回りという困難な環境への対応

PIMCOが「ニュー・ニュートラル」と呼ぶ現在の長期的枠組みの中で、高水準のインカムを安定的に獲得することは、多くの投資家にとって容易ではありません。投資家は、インカム・ポートフォリオを構築する上で、インカムの安定性、インカムの成長性、元本の成長性といった主要な構成要素をバランスさせるべきでしょう。投資家は、マルチ・アセット・ポートフォリオをカスタマイズすることによって、投資リスクやボラティリティの許容度に応じた水準のインカムを安定的に獲得できると考えられます。

Paul W. Reisz

プロダクト・ストラテジスト


ポール・リース、CFA、CPA
エグゼクティブ・バイス・プレジデント
ニューポートビーチを拠点とするプロダクト・ストラテジストとしてPIMCOのマルチセクター債券プロダクトチームのストラテジストとしてトータル・リターン、グローバル、インカム、アンコンストレインドおよびエンハンスド・キャッシュ戦略。2000年にPIMCOへ入社する以前は、トランスアメリカ・アセット・マネジメントにて10年以上勤務し、事業推進、クライアント・サービス、商品開発に従事した。投資業務経験34年。 南カルフォルニア大学マーシャル・スクール・オブ・ビジネスよりMBA、カルフォルニア大学バークレー校より学士号を取得。