PIMCOの視点一覧

コンテンツ を探す
分野別で探す
  • PIMCOの視点
日付で探す
  • 2015
セクション : タグ : 日付 : エキスパート :
すべてリセット
PIMCOの視点

2015年のコモディティ市場の見通し:各セクターの供給動向に注目

2015年のコモディティ市場の見通し:各セクターの供給動向に注目

​現在、原油価格が低水準にあることから、今後米国における生産の伸び率が低下する一方でグローバルな需要が小幅に拡大する結果、原油の需給は年末までに均衡に向かう可能性があるとみられます。PIMCOでは、2015年も引き続き過剰供給が天然ガス価格を押し下げると予想していますが、天然ガス市場は2016年にはある程度の均衡を回復する可能性があるでしょう。2015年は、原油価格の下落がトウモロコシ価格に波及し、それにより生産者が価格の高い穀物へシフトする可能性があり、穀物価格に下落圧力がかかるかもしれません。生産の伸びがピークに達した可能性が高いことから、2015年は金属価格が安定的に推移するとみています。

Nicholas J. Johnson

ポートフォリオ・マネージャー


ニコラス・J・ジョンソン
マネージング・ディレクター ニューポートビーチを拠点とするコモディティーおよびマルチ・アセット・ポートフォリオ担当のポートフォリオ・マネージャー。2004年にPIMCOへ入社し、2007年にポートフォリオ・マネジメントチームに入るまで、ポートフォリオ・アナリスト・グループを統括した。構造リスクプレミアムおよびポートフォリオ構築全般を専門とする。2012年には共著『Intelligent Commodity Indexing』をマグロウヒル社より出版。PIMCOへ入社する以前は、アメリカ航空宇宙局(NASA)のジェット推進研究所にて火星探査ミッションおよび新しいオートナビゲーション機能の開発に従事した。投資業務経験13年。 シカゴ大学よりファイナンス数理修士号、カリフォルニア州立工科大学より学士号を取得。