PIMCOの視点一覧

コンテンツ を探す
分野別で探す
  • 経済・マーケット関連
  • PIMCOの視点
日付で探す
  • 2017
  • 2016
  • 2015
セクション : タグ : 日付 : エキスパート :
すべてリセット
短期経済予測

​欧州は転機を迎えたか

​欧州は転機を迎えたか

向こう1年間において、ユーロ圏では内需が主な原動力となり実質国内総生産(GDP)成長率は1.75%に、インフレ率は1.25%近辺まで上昇すると予想しています。英国では、向こう1年間の実質GDP 成長率は2.25%~2.75%、インフレ率は1.25%~1.75%のレンジで推移するとみています。ユーロ圏における短期経済見通しを踏まえ、金利に関しては、利回りがマイナスとなっている短期ゾーンと、ボラティリティの上昇やECB(欧州中央銀行)が中長期的にリフレに成功する可能性を十分に反映していないように思われる長期ゾーンのアンダーウエイトを据え置いています。一方で、ECBの量的緩和プログラムが2016年9月以降まで延長される可能性を十分に織り込んでいない中期ゾーンや、欧州周縁国(イタリアとスペイン)のスプレッドをオーバーウエイトとします。外国為替市場では、対米ドルでのユーロのアンダーウエイトを据え置いています。

結果をさらにダウンロードする さらに {{cCtrl.fetchResults}} コンテンツをみる

Mike Amey

ポンド建てポートフォリオおよびESG戦略統括


マイク・エイミー
マネージング・ディレクター
ロンドンを拠点とするポートフォリオ・マネージャーで、ポンド建てポートフォリオ、PIMCOのESG(環境、社会及びガバナンス)戦略、欧州保険ポートフォリオ(ドイツを除く)、および欧州LDI(負債対応投資)ポートフォリオ・マネジメント・グループの責任者。2003年にPIMCOへ入社する以前は、ロスチャイルド・アセット・マネジメント・グループ、および同社と合併後のインサイト・インベストメントにおいて英国債券の統括責任者を務めた。1994年にロスチャイルドに入社するまで、2年間英ダラム大学経済学部で教鞭をとった。投資業務経験24年。 ダラム大学にて学士号、およびコーポレート・ファイナンスと国際金融の修士号を取得。