フィルタ: すべてリセット

フィルタ

Close Filters Dropdown
  • タグ

    リセット

    閉じる
  • Category

    リセット

    Economic and Market Commentary
    Investment Strategies
    Viewpoints
    Financial Institutions
    Education
    Japanese Blog
    Update
    Blog
    Contribution Article
    閉じる
  • リセット

    閉じる
() filters applied

PIMCOの視点一覧

コンテンツ を探す
  • 経済・市場コメント
  • 2022
  • 2021
セクション : タグ : 日付 : エキスパート :
すべてリセット
経済・マーケット関連

インフレリスクをヘッジする3つの方法(video)

インフレリスクをヘッジする3つの方法

インフレに強いポートフォリオにするための方法は沢山あります。今日は投資妙味が増しているエマージング通貨、グリーン・エネルギー、不動産の3つをご紹介します。

アセットアロケーション展望の詳細を読む

Does the 60-40 Portfolio Still Make Sense?
経済・マーケット関連

株式60%債券40%のポートフォリオはまだ有効? (video)

株式60%債券40%のポートフォリオはまだ有効?

インフレリスクの高まりなど不確実性が高い今の環境では、ポートフォリオ構築が重要です。投資家はポートフォリオを分散する選択肢を広げることを検討するべきでしょう。

アセットアロケーション展望の詳細を読む

Comparing Risk Assets in Mid-Cycle Markets
経済・マーケット関連

景気サイクル中盤の市場におけるリスク資産の比較(video)

景気サイクル中盤の市場におけるリスク資産の比較

成長志向の資産クラスが好調な展開となると見込まれますが、ばらつきが見られるでしょう。ジェラルディン・サンドストロムとエリン・ブラウンが、株式、クレジット、通貨、金利など資産クラス全般の見方と、景気サイクル中盤の環境におけるポジショニングについて論じます。

詳しいアセットアロケーション展望を読む

Mid-Cycle Investing: Growth-Oriented and Selective
経済・マーケット関連

景気サイクル中盤の投資:成長志向とセクター・銘柄選択(video)

景気サイクル中盤の投資:成長志向とセクター・銘柄選択

景気サイクル中盤の環境に移行していることから、株式やクレジットなど成長志向の資産に注目していますが、ばらつきにリターンが左右されることから、セクターや銘柄の選択が重要になる点に留意が必要です。

詳しいアセットアロケーション展望を読む

Jason Odom

アセットアロケーション・ストラテジスト


ジェイソン・オドム, CFA
シニア・バイス・プレジデント
ニューポートビーチを拠点とするアセットアロケーション・ストラテジスト。マルチアセット戦略とポートフォリオ分析のカスタマイズを担当。投資業務経験10年。シカゴ大学ブース・ビジネス・スクールでMBAを、アズサ・パシフィック大学にて学士号を取得。