PIMCOの視点一覧

コンテンツ を探す
セクション : タグ : 日付 : エキスパート :
すべてリセット
行動科学からの洞察

キャッシュと短期運用において構造的バイアスを克服する方法

キャッシュと短期運用において構造的バイアスを克服する方法

行動科学は、特に今日の景気サイクル終盤の局面で誤った投資判断に陥りがちとなる、バイアス(先入観)の特定に役立つ可能性があります。

Jan Faller

ポートフォリオ・リスク・マネージャー


ジャン・フォラー
エグゼクティブ・バイス・プレジデント ニューポートビーチを拠点とするポートフォリオ・リスク・マネージャー。オルタナティブ投資とエマージング市場に関するリスク・マネジメントを主に担当。2014年にピムコへ入社する以前は、ハイブリッジ・キャピタル・マネジメントに9年間勤務し、マネージング・ディレクター兼ポートフォリオ・リスク部の共同統括責任者を務めた。それ以前は、マルチセクター債券のポートフォリオ・マネージャーとして、ハイブリッジ・キャピタル・マネジメント、ドイチェ・アセット・マネジメント、パンアゴラ・アセット・マネジメントに勤務。投資業務経験23年。ダートマス大学タック・ビジネススクールよりMBAを、カリフォルニア州サンタバーバラのウェスモント・カレッジより学士号を取得。