PIMCOの視点一覧

コンテンツ を探す
分野別で探す
  • 経済・マーケット関連
日付で探す
  • 2015
セクション : タグ : 日付 : エキスパート :
すべてリセット
経済見通し

米国、カナダでは潜在的な問題を抱えつつも景気回復が継続

米国、カナダでは潜在的な問題を抱えつつも景気回復が継続

​PIMCOでは引き続き、米国の消費者が労働市場における需給ギャップの縮小とコモディティ価格の下落に伴う可処分所得の増加の恩恵を享受する結果、経済成長率は2.5~3%に上昇すると予想しています。これに対して、原油価格の下落に伴う設備投資の減少と米ドル高の影響というマイナス要因が、これらのプラス要因を相殺する見通しです。カナダ経済には、プラス、マイナス相反する要因が重要な影響を及ぼす可能性があります。プラス要因としては米国の経済成長の継続が、マイナス要因としては原油価格の劇的な下落が挙げられます。とはいえ、2015年の実質GDP成長率の見通し(1.75~2.25%)に対するリスクとしては、どちらかと言えば上振れ方向であると考えています。米国では、米金利の短期ゾーンをアンダーウエイトとすることが適切であると考えており、一方、非政府機関系モーゲージ債(MBS)や米物価連動国債(TIPS)、クレジット市場では個人消費や住宅関連のセクターをオーバーウエイトとしています。カナダでは、物価連動債が名目債をアウトパフォームするとみており、また、カナダ国債を保有するよりも、比較的利回りの上乗せ幅が大きい州政府や銀行が発行する債券を購入する方が望ましいと考えています。

世界の中央銀行動向

カナダ中銀のもとで、カナダ経済は安泰か?

カナダ中銀のもとで、カナダ経済は安泰か?

​エネルギー価格の無秩序な下落は、個人や企業の景況感に影響を与え、カナダの経済成長率を一段と低下させかねません。カナダ中銀の基本シナリオには、年内の追加利下げが組み込まれているものとみられます。投資家は、カナダの銀行のシニア債やオンタリオ州政府債など、信用力の高い信用スプレッドに投資することで、リターンを高められる可能性があります。

経済見通し

回復の勢いが強まる米国経済

回復の勢いが強まる米国経済

​米国の経済成長は、雇用ギャップの縮小と可処分所得の増加を背景とする個人消費の拡大の恩恵を受けて、当面は堅調に推移する見通しです。カナダ経済の回復は継続する見通しですが、米国経済の回復や原油価格の下落などのプラス、マイナス相反する要因が景気に重要な意味合いを持つ可能性があります。ラテンアメリカ地域の経済成長は低水準にとどまり、米国経済の改善の恩恵を受ける国とユーロ圏や中国の景気減速がマイナス要因になる国に分かれるでしょう。

Ed Devlin

ジェネラリスト・ポートフォリオ・マネージャー


エド・デブリン
マネージング・ディレクター ジェネラリスト・ポートフォリオ・マネージャーで、カナダのポートフォリオ運用の統括責任者。多様な役割のうちのひとつとして、PIMCOのカナダの経済見通しとポートフォリオ運用戦略を担当する。カナダ債券市場とLDI(負債対応投資)の第一人者として、ナショナル・ポスト、グローブ・アンド・メールなどのカナダの新聞や、ニューヨーク・タイムズなど主要なメディアで取り上げられている。カナダのテレビ局ビジネス・ニュース・ネットワークに頻繁に出演し、CFA協会のカンファレンスなど多数のイベントで講演をしている。2006年にPIMCOへ入社する以前は、ロンドン、東京、トロント、香港、そしてニューヨークを拠点とし、リーマン・ブラザーズとメリル・リンチにて、債券関連ポジションに就いていた。 カナダのウィルフリッド・ローリエ大学にて経営学士号を取得し、成績優秀者に贈られるゴールド・メダルを授与された。ダートマス大学経営大学院タック・スクールにてMBAを取得。