債券アクティブ運用の強み

PIMCOの債券アクティブ運用のアプローチをご紹介します。

in-page

債券アクティブ運用で50年の実績を持つPIMCOは、複雑で巨大な世界の債券市場で着実に成果をあげるには、アクティブ運用が望ましいと考えています。特に今日では、その重要性はかつてなく高まっているといえるでしょう。

PIMCOの視点

いまこそ求められる債券アクティブ運用

パッシブ運用では、拡大する信用リスクを管理しつつ利回り向上の機会を見出すことは、難しいでしょう。しかし、それは今日の投資家にとって非常に重要だとPIMCOでは考えています。

ビデオを見る

アクティブ運用のアウトパフォーマンスの歴史

PIMCOの債券戦略は、お客様の投資をアクティブ運用で支援いたします。
ベンチマークを上回るリターンを目指すと同時に、安定的なリスク調整後のリターンを追求するための厳格なリスク管理も重要視し注力しています。

PIMCOの運用資産の中で、ベンチマークを上回っている割合(手数料控除後)

2022年6月30日現在。出所:PIMCO 最低5年の実績があるPIMCOが運用するポートフォリオのデータをもとに算出。報酬等控除後のパフォーマンスをポートフォリオの主要ベンチマークと比較。ある特定の期間でポートフォリオの報酬等控除後のパフォーマンスがベンチマークを超過している場合は、アウトパーフォームしたデータに含みます。ベンチマークのアウトパフォーマンスとは、ポートフォリオのベンチ―マークに対するパフォーマンスを示します。従ってポートフォリオのパフォーマンスがプラスであるということを意味するものではありません。例えば、ある期間に3%下落したポートフォリオがあり、一方で当該ベンチマークが4%下落していた場合は、実際のリターンがマイナスであってもポートフォリオ自体はベンチマークをアウトパフォームしたことになります。絶対収益型のポートフォリオでは、主要ベンチマークの低リターン/ボラティリティ特性がゆえに、プラスにもマイナスにもデータが拡大する可能性があります。例えば、ベンチマークが3か月ドル建てLIBORのポートフォリオのパフォーマンスは、ベンチ―マークに対してプラス又はマイナスにパフォーマンスが振れる可能性がより大きくなります。過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。

世界をリードする債券のアクティブ運用会社が、皆様にどうお役に立てるかをご説明いたします。

債券に投資する意義

関連コンテンツ

セクション : タグ : 日付 : エキスパート :
すべてリセット
債券の役割は失われていない 。PIMCOが世に問う、現環境下での投資意義
Fixed Income: Low Yields Don’t Tell the Whole Story
The 60/40 Portfolio Is Alive and Well
Why Active Fixed Income Matters More Today
クオンツ・リサーチと分析

債券は違う: アクティブ運用 vs. パッシブ運用の12のポイント​​

債券は違う: アクティブ運用 vs. パッシブ運用の12のポイント​​

PIMCOの分析では、株式投資とは異なり、アクティブ型の債券運用がパッシブ型を大幅にアウトパフォームしていることが分かりました。当レポートでは、”なぜ債券が株式と異なるか”を12のポイントを挙げて解説いたします。

light bulbs

よくある質問

お問い合わせ

ピムコジャパンリミテッドの担当者に連絡する (個人投資家様からのご照会はお受けしておりません。)

【個人情報の取り扱いについて】 ご記入いただきます個人情報は、ピムコジャパンリミテッドの個人情報保護に関する取組方針に基づき、適正に管理・利用・保護させていただきます。利用目的を含む詳細は次の リンクよりご参照ください。プライバシーポリシー(個人情報保護に関する取組方針)

ご留意事項

全ての投資にはリスクが伴い、価値は下落する場合があります。債券市場への投資は市場、金利、発行体、信用、インフレ、流動性などに関するリスクを伴うことがあります。ほぼ全ての債券及び債券戦略の価値は金利変動の影響を受けます。デュレーションの長い債券及び債券戦略は、より短い債券及び債券戦略と比べて金利感応度と価格変動性が高い傾向にあります。一般に債券価格は金利が上昇すると下落します。低金利環境ではリスクが高まります。債券取引におけるカウンターパーティーの取引能力の低下が市場流動性の低下や価格変動制の上昇をもたらす可能性があります。債券への投資では換金時に当初元本を上回ることも下回ることもあります。株式の価値は一般的な市場、経済、産業の実体と見込み両方の状況によって減少する可能性があります。マネジメント・リスクとは、PIMCOが用いる投資手法およびリスク分析が望んだ結果を生まないリスク、また、政策や変更等が戦略の運用においてPIMCOが利用可能な投資手法に影響を及ぼしうるリスクを指します。

金融市場動向やポートフォリオ戦略に関する説明は現在の市場環境に基づくものであり、市場環境は変化します。本資料で言及した投資戦略が、あらゆる市場環境においても有効である、またはあらゆる投資家に相応しいという保証はありません。投資家は、自らの長期的な投資能力、特に市場が悪化した局面における投資能力を評価する必要があります。見通しおよび戦略は予告なしに変更される場合があります。

本資料には、本資料作成時点でのPIMCOの見解が含まれていますが、その見解は予告なしに変更される場合があります。本資料は情報提供を目的として配布されるものであり、投資の助言や特定の証券、戦略、もしくは投資商品を推奨することを目的としたものではありません。本資料に記載されている情報は、信頼に足ると判断した情報源から得たものですが、その信頼性について保証するものではありません。

ブルームバーグ・バークレイズ米国債券総合インデックスはSECに登録された米ドル建て課税証券を代表するインデックスです。このインデックスは米国の投資適格固定利付債市場を網羅し、政府債、社債、モーゲージ・パススルー証券、資産担保証券といったインデックス・コンポーネントに分かれています。こうした主要セクターはさらに細分化されたサブ・インデックスに分けられ、それぞれのサブ・インデックスの値が定期的に算出され、発表されています。S&P500指数は一般的に株式市場全体を反映すると考えられているインデックスです。この指数は、米国株式市場の大型株に重点をおいています。インデックスに直接投資することはできません。

ピムコジャパンリミテッドが提供する投資信託商品やサービスは、日本の居住者であり、かつ法律による制約のない方に対して提供するものであり、かかる商品やサービスが許可されていない国・地域の方に提供するものではありません。運用を行う資産の評価額は、組入有価証券等の価格、デリバティブ取引等の価値、金融市場の相場や金利等の変動、及び組入有価証券の発行体の財務状況や信用力等の影響を受けて変動します。また、外貨建資産に投資する場合は為替変動による影響も受けます。したがって投資元本や一定の運用成果が保証されているものではなく、損失をこうむることがあります。運用によって生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。弊社が行う金融商品取引業に関してお客様にご負担頂く手数料等には、弊社に対する報酬及び有価証券等の売買手数料や保管費用等の諸費用がありますが、それらの報酬及び諸費用の種類ごと及び合計の金額・上限額・計算方法は、投資戦略や運用の状況、期間、残高等により異なるため表示することができません。

本資料の一部、もしくは全部を書面による許可なくして転載、引用することを禁じます。 ©2021, PIMCO.

CMR2021-1005-1863165